Vol.121

MINIMAL

14 APR 2020

暮らしを生産的に。「LUCHE」で叶える都会の家庭菜園

ここ数ヶ月の間で、家で過ごす時間が圧倒的に増えた。まだまだ先行きの見えない状況下だからこそ、せめて家での暮らしは充実させたいものだ。食事の時間やティータイムに「少し彩りを加えたい」と思ったら、野菜やハーブなどを加えてみるのもいい。そんなささやかなクリエイティビティを実現するために、様々な活用ができる植物の栽培を自宅で始めた。とはいえ室内で栽培するとなると、いささか日光が足りない。そこで手に入れたのが、植物栽培ライト「LUCHE(ルーチェ)」だ。

植物の栽培は「癒し」と「豊かさ」をもたらす

香りの良いハーブは様々な用途で使える
室内の雰囲気を明るく健康的に見せるために、植物はうってつけのアイテムだ。室内に置かれた植物は単に目を楽しませてくれるだけではない。科学的にも視覚的な疲労感を取り除く効果があると言われている。さらに植物は汚れた空気を吸収してきれいにし、空間を潤す力も持ち合わせている。植物に触れたり香りをかいだりすることで、生理学的にも心理学的にもストレスや不安を和らげ、ポジティブな精神状態へと導く効果もあるそうだ。

だからこそ観賞用だけでなく、食べ物や飲み物などに活用できるものを栽培すれば、より植物と触れ合う機会が増えて癒されるのではないか。そこで暮らしの質を向上させるために、まずは香りが良く料理にも使える、ハーブ系の植物を育てはじめることにした。

日当たりが悪い部屋でもOK。栽培ライト「LUCHE」

植物は日当たりがいい場所に置きたいが、室内栽培をしているとそうはいかない
室内で植物の栽培を始めると、日当たりがいい場所は窓際の一角などごくわずかで、植物にとって条件が悪い環境だと気づく。時々日当たりのいい場所に移すという手もあるが、これはこれでなかなか面倒だ。そういえば今までも、ものぐさになり植物を枯らしてしまったことが何度もあった。

今度こそは枯らすことなく育てたい。手入れをしやすくするならば、キッチンカウンターやシェルフの上など、暮らしの動線上となる“アクセスしやすい場所”に植物を置いて、植物栽培に適したライトを当てる方が良いかもしれない。そこで手に入れたのが、植物栽培ライト「LUCHE」である。

植物栽培ライト「LUCHE」のセット。LEDユニット、台座、トップサイン、ポール3本、ポール延長用のジョイントなどが入っている
植物栽培用のライトは、これまで実用性重視で、デザイン性が乏しいものが多かった。しかし「LUCHE」の場合は、植物に必要な光を与えられる上に、部屋の雰囲気にマッチするインテリアアイテムとしても楽しむことができる。

パーツも強い主張があるのは、トップサインとLEDライト部分のみ。電球をモチーフにしたアイキャッチな形のアクリルに、レーザーで“Light”の文字が彫まれ、それ以外のパーツは黒で統一されていて、アイアン家具のような雰囲気である。

あっという間に組み立て完了
構造はあまり複雑ではなく、工具を使わずに簡単に組み立てることができた。

電源につなぐと、パッとライトが光る
ライトの明るさは、照明の大きさの割にかなり明るく感じる。下に植物を置かない時も、間接照明として使えそうだ。

インテリアに馴染む植物栽培で、ライフスタイルの幅は広がる

ポールを延長してライトの高さを出し、さっそく剪定して水挿ししたアロマティカスを台の上に置いてみる。暗い場所でライトを灯すと、植物が温かみのある光に照らされて、雰囲気のある佇まいだ。日中やライトをつけていない時も悪くない。インテリアのちょっとしたアクセントとして、部屋の一角にいい景色を作ってくれる。

小さなライトだが、光が当たる範囲は広い
光る“Light”の文字が、BARの看板のようなネオンサインを彷彿とさせるからか、心なしかワクワクした気持ちになる。シンプルな構造でありながら目を引き、育てたい植物を際立たせる。さらにポールを延長すれば、最大50cmまでの植物に使うことができる。育てやすいハーブ類はもちろん、豆苗やラディッシュ、背が高くなりやすいミニトマトといった野菜類などの栽培にも役立つだろう。室内での植物栽培が一層楽しくなりそうだ。

ポールの高さは3段階で調整できる
本来日当たりのいい場所を好むアロマティカスは、日当たりの悪い場所に置いていると色がくすみ、ふっくらとした厚みと艶がなくなってしまう。「LUCHE」の光を当てていた水挿しのアロマティカスは、日当たりの悪い場所にずっと置いていたが、葉の色や厚み、艶も健康な状態を維持したままだ。根もしっかり伸びてきた。

植物栽培と暮らしがリンクして見えてくること

「LUCHE」は日当たりを気にせず、手入れをしやすい暮らしの動線上に植物を置くことを可能にしてくれた。さらにインテリアとして見ても楽しく、同時に植物を観察したり、触れたりする機会も圧倒的に増えた。今まで植物の手入れをいつの間にか忘れて枯らしていたのは、自分自身の暮らしと植物の成長が紐づけられていなかったせいかもしれない。
香りのいいアロマティカスは、食用としても使うことができる。喉が渇いた時、炭酸水に剪定した葉を浮かべて飲めば爽やかな香りが広がり、さっぱりといただける。

ホットのお茶に葉を浮かべて、香りを楽しむのもいいだろう
自分で育てたものを自分で食べる。これがなかなか心地良くて、ほんの少し感動的。手塩をかけて育てた野菜なんかを食べたら、もっと感動するのだろうか。「この葉っぱを今度は何に使おう」と、レシピを調べたり考えたりするのも楽しい。

植物の成長を見守っていると、植物には植物のペースがあり、自分たち人間のペースとは全く別物だという当たり前のことに気づく。ミクロなものもマクロなものも、それぞれに自然の循環があり、一定の法則もあれば、イレギュラーなことも起こりうる。ささやかな家庭菜園を通して、いつの間にか大きな世界を見る視点が育っていたのかもしれない。

植物栽培ライト「LUCHE」

材質 / アクリル樹脂、ABS、防水MDF、スチール線材
LED仕様
本体重量 / 180g
色温度 / 3200k
照度 / 5200lx
光束 / 50lm
電源 / 5v(直流)※USBポートより
消費電力 / 1.5W
耐用時間 / 10,000時間

価格:3,000円(税別)