Vol.11

MINIMAL

13 MAR 2019

小さなもので身体を軽く。「collinette lymph」

たとえ小さなものでも、いいものは私たちの感性を育ててくれる。日常で使う小さくてミニマルな要素を持ったアイテムは、いつの時代も変わらず魅力的だ。今回フォーカスを当てるのは、流線型が美しいトータルセルフケアリラクセーションツール「collinette lymph(コリネット リンプ)」。疲れを和らげるための機能を最大限に引き出しながら、造形的には雑味を削ぎ落としたミニマルなデザインが特徴。そんなミニマルなアイテムが持つ、奥深い世界を覗いてみよう。

「collinette lymph」¥5,000(+tax)

佇まいが美しいリラクセーションツール

長時間のデスクワークや、重い荷物を持ち歩きながらの移動、立ち仕事などをしていると、どうしても体は凝り固まってしまいがち。マッサージに通うのもいいが、日々の暮らしの中で、その日の疲れをその日のうちにほぐすセルフケアも大切なことだ。
特に指ではほぐせない辛い凝りには、マッサージやツボ押しができるセルフケアアイテムが必要不可欠。しかしながら、巷にあるマッサージグッズはどれも主張が強く、目につく場所に置きたくなるようなアイテムとは言い難いものばかりだ。
そんな時に出会ったのがNAGAE+の「collinette lymph」。
一見するとオブジェのようにも見えるシルエットだが、リラクセーションツールとして全身のツボ押しやマッサージをする機能を持ったアイテムだ。
どこにも直線がない、なめらかで有機的なフォルムが美しく、無駄な要素を削ぎ落としたミニマルな佇まい。マッサージアイテムでありながら、部屋のどこに置いても馴染んでくれる。

ボディマッサージのプロが監修。リンパを流す「collinette lymph」

「collinette」は全3種類のシリーズ商品。気鋭のプロダクトデザイナー・松山祥樹氏がデザインを手がけた。
シリーズの商品は、それぞれが美しい形状をもちながらも、ボディマッサージのプロお墨付きの機能がふんだんに隠されている。お手軽にマッサージできるもの、ツボ押しに特化したものがある中で、「collinette lymph」は、リンパマッサージに適した形状となっている。
リンパマッサージといえばカッサという中国由来の美容アイテムを思い出す方も多いだろう。「collinette lymph」もカッサのような曲線の形状を取り入れながら、平坦ではなく肉付きのいい部分もあり、握りこむだけで心地よい刺激を与えてくれる。
使用するときは、全体を握り込んで使用してもよし、穴に指を通して使用するもよし。マッサージしたい部分に合わせて持ち方を変えながら、絶妙な力加減でマッサージをしていくことができる。滑らせて使う場合は、マッサージオイルの使用もおすすめだ。

使用してみると、絶妙な曲線が体にフィット。顔や首筋、腕、ふくらはぎなど様々な体の部位に当てて滑らせることで、リンパを流してくれる。

穴の先端にあたる部分は、ツボ押しとしても最適だ。内側のカーブを使って指先のマッサージをしたり、外側のカーブを使って力をかけずにピンポイントを押すことができる。
美しさと機能性が考え抜かれていることが、使うたびに実感できるだろう。

Made in Japanのこだわり

MADE IN JAPANの「collinette」シリーズ。製造するのは、金属産業のまち・富山県高岡の鋳物職人たちだ。高度な鋳物技術を持つ熟練の職人が、1つ1つ丁寧に手磨きをすることで、金属の美しい輝きを引き出している。
重すぎず、軽すぎず、ちょうどいい大きさと鏡面のように磨かれた質感は、手にしっとりと馴染んでくれる。金属製でありながら、柔らかな質感で使用感良く仕上がっているのは、ひとえに職人の技術の賜物と言えるだろう。

金属製なので最初はひんやりと冷たいが、アルミ素材は熱伝導率が高い性質があるため、使い始めてしばらくすると人肌に温まってくれる。入浴中に湯船で温めながら使うのもいいだろう。
こだわり抜かれた造形の中に様々な機能が隠され、見た目の美しさとともに、私たちの体を癒してくれる「collinette lymph」。家のどこに置いても違和感がないために、気が向いたらすぐに凝りをほぐすことができるという手の取りやすさも魅力のひとつだ。
このミニマルで美しいアイテムを、生活に取り入れてみてはいかがだろうか。

今回紹介したアイテム

「collinette lymph」
Size / W118×D60×H30mm
Weight / 87g
¥ 5,000(+tax)