Vol.18

FUNCTIONAL

01 APR 2019

DIY初心者でもOK。200種類以上のワークショップを体験できる「モノトリー」

近年「ハンドメイド」や「DIY」がトレンドとして広まり、一般のDIYerがつくった作品の中にはプロ顔負けの完成度が高いモノも多い。高度なモノづくりの需要が高まっている中、200種類以上のワークショップを体験できる施設「MONOTORY(モノトリー)」が横浜に誕生した。
Do It Yourself(以下DIY)が盛り上がりつつある今、興味はあるけれど何から始めればよいのかがわからないという声も聞こえてくる。初心者であれば専用の道具や知識が必要となるだろうし、できればプロに教わりながらスキルを体得したいというのが本音ではないのだろうか。
ここMONOTORYでは個性豊かなアーティストが集結し、200を超えるワークショップを体験することができる。街中のカルチャーセンターや個人が運営する教室では自分に適性があるかどうかを見定める為に一定以上の日数をかけて通う必要があるかもしれないが、ここでは初心者も経験者も気軽にそして効率よく楽しめるコンテツが盛りだくさん。そんなモノトリーの特徴とともに、ファンクショナルにアイテム作りが体験できるワークショップをいくつか紹介していこう。

モノづくりの楽しさを体感できる施設「モノトリー」

モノトリーは、新感覚のエンターテインメントコンテンツを体験することができる、複合型体験エンタメ施設だ。「モノづくり」「ハンドメイド」の体験に特化した新たなスポットとして、「ASOBUILD(アソビル)」の3階に併設された。
「モノづくり」をテーマに展開するモノトリー。ここでは陶芸やレザークラフト、フラワーアレンジメントや水墨画など、さまざまなモノづくりのワークショップをワンフロアで体験をすることができる。
アソビルを主催する株式会社アカツキライブエンターテインメントは「モノづくりを体験ができる施設は、今まで駅前のカルチャースクールなどしか見当たらなかった。オープンに好きな時間に誰でも立ち寄れて、様々なワークショップを体験できる施設、そんなスペースをつくりたかった」と語る。
なるほど、確かに気軽に様々なモノづくりのワークショップに参加ができる施設は、ありそうでなかったかもしれない。ハンドメイドやDIYに挑戦してみたいけれど、どこで体験できるかわからない、そんな方はモノトリーを覗いてみるといいだろう。

12のアトリエ、150名のオフィシャルアーティスト

栃木レザーで作る、名刺入れにもなるカードケース

アーティスト : Yokohama Red-Bear 参加費:8,000円 所要時間:150分 持ち物:革の細かい削りカスがでますので、必要な方はエプロンをご用意ください。 作品引渡し:当日
モノトリーの施設内には常時12のアトリエが設置され、総勢150名のオフィシャルアーティストによるワークショップが実施されている。開催されるワークショップは、その数20ジャンル200種類以上と豊富だ。
花を通じたきっかけを提案するライフスタイルプロデュースブランド“will Garden”主宰のモデル・畑野ひろ子氏をはじめ、インターネットやSNS、雑誌で話題の人気アーティストやカリスマ講師たちが、モノトリーのオフィシャルアーティストとしてワークショップを開催している。
また、モノトリーには、UVプリンターやレーザーカッターなどのデジタルファブリケーション機材や、電動ロクロや電動窯など、自宅では体験できないファンクショナルな最新機材も使用できるため、ものづくりの幅を広げたい方にもオススメだ。
さらに、ハンドメイドで必要な装飾や、材料、有名工具メーカーによるショップも併設されており、実際にプロがハンドメイドした作品の販売も行われている。
モノトリーはDIY初心者の方はもちろんのこと、プロの方でも満足できる、ハンドメイド・DIYの新たなメッカとなるかもしれない。それではモノトリー自慢のワークショップのコンテンツを一部紹介しよう。

バリエーション豊富。「モノトリー」のファンクショナルなワークショップ

ヴィンテージパーツを使ったアクセサリーづくり(ピアス/イヤリング・ブローチ)

アーティスト:sparkle0519 参加費:5,400円 所要時間:120分 持ち物:なし 作品引渡し:当日
こちらは、アクセサリーデザイナーであるsparkle0519氏によるヴィンテージパーツを使ったアクセサリーづくりの体験ができる。元々アパレルデザイナーだったsparkle0519氏ならではの「洋服にあうアクセサリー」はプレゼントにも最適だ。カラフルなアクリルパーツや国内で集めたヴィンテージボタン、ビジューなどを使い、ピアスまたはイヤリング・ブローチをデザインする段階から楽しむことができる。

オリジナルのLEDボタニカルランタンづくり

アーティスト:Juri 参加費:6,000円 所要時間:120分 持ち物:なし 作品引渡し:当日
こちらは、LEDでつくるボタニカルランタンのワークショップだ。埋め込み式のLEDランタンを好みのカラーワックスでコーティングし、ドライフラワーを自由にアレンジして装飾する。火を使わないので、安全に使える点も嬉しいポイントだ。

フードサンプルづくり (2種類のパンケーキ)

アーティスト:食品さんぷる畑 参加費:6,000円 所要時間:120分 持ち物:エプロン 作品引渡し:当日
少し変わり種のワークショップなら、こちらの食品サンプルのワークショップもオススメだ。パンケーキと抹茶パンケーキ、2種類のフードサンプルを制作し、メモクリップを付けてメモスタンドとして利用ができる。自分用としてはもちろん、プレゼントにも喜ばれるだろう。

あこがれの陶芸体験!(電動ロクロ)

アーティスト : KIYOTO SAGAWA 参加費:6,000円 所要時間:90分 持ち物:動きやすく多少汚れてもいい服装・靴でお越しください。 可能であれば爪を切り、髪を束ねてください。 作品引渡し:後日/(作品は焼成後、着払いで郵送またはMONOTORYでの受け渡しとなります)
電動ロクロをつかった陶芸体験は一度は体験してみたいものだ。1.5kgの粘土を使用し、お皿や湯飲み、ビアカップにごはん茶碗など、陶芸士であるKIYOTO SAGAWA氏の指導のもと、お好みで作ることができる。初めての方こそぜひ挑戦してみて欲しい。

モノトリーでモノづくりの楽しさを体感

紹介しきれないほどの多くのワークショップが毎日開催されているモノトリー。気になるワークショップは事前にインターネットでの予約をおすすめする。
モノトリーというひとつの施設に個性豊かなアーティストが集結し、多種多様なワークショップが効率的にチョイスできるというファンクショナルな環境を活用してほしい。これからDIYに挑戦してみようという方は、始めるきっかけとして。すでにハンドメイドやDIYに挑戦している方にもおすすめのスポットである。